【9ヶ月で年収483万円から840万円の転職をした話】会社員として働いてきてやってきたことや思ってきたことその2

年収

が低いというのが今回のテーマです

【9ヶ月で年収483万円から840万円の転職をした話】会社員として働いてきて思ってきたことその1

の続き【9ヶ月で年収483万円から840万円の転職をした話】第二弾です

前回は会社員になる前にアフィリエイトで月60万円稼いでいたが
社会人がないまま生きることをに不安を感じて
空調メンテナンスの会社に入ったはいいが
やっぱりWebの開発がしたいと思って転職を決意したところまでお話ししました

今回は2社目での過酷な仕事生活を中心にお伝えしようと思います

まず転職を決意した後すぐにリクナビネクストを使い
転職活動を開始しました
1社目の給料が底辺レベルであったことと
Webの開発をやったことがないので
多くは望めません

やりたいことが合致するかどうかに重きを置き
すぐに応募して最初の1社に内定を頂いたのでそのまま入社しました

面接時怪しい言葉が出ましたが、未経験で取ってもらう以上
過酷なことは全てのむつもりだったので当時は気にしていませんでした
一次面接で出た怪しい言葉というのはこうです

埼京線は終電が早いからな〜

今考えると恐ろしすぎますね
さらに怪しい言葉が出ます
それは最終面接の時でした

うちは残業代は出しません

これまた恐ろしいというか
アホすぎて呆れるレベルですね(笑)

それでもやりたい仕事と合致しているはずだと思ったので入社を決意しました
零細SIerです


年収

は270万円ぐらいだったかと思います

入社後はまず、お勉強としてCで掲示板を作成しました
期間は1週間
平日は10〜23時デフォルト
土日全部潰してプログラム書きまくりました

なんとか完成まで持っていくことができました
次すぐに案件にアサインされることもなく
まだトレーニングしていいタイミングだったので
Javaで掲示板を作りたいと申し出て承認されました

驚きましたね
Javaだとこうも楽に掲示板作れるのか!と
今度は1日で作成し、たまたますぐ案件にアサインされることとなりました

次やったのはテスターとJSPの作成でした
テスターとしての仕事は面白くありませんでしたが
いいテストしてくれているねーと言ってくれていたので
ちょっとはやりがいを感じていました

ちょくちょく発生するJSP作成の作業も
「俺」が今のAoki君ぐらいの時は触らせてもくれなかったよー
って言っていたので恵まれていたのかなーとも思いました
今思えば別にそんなことはないと思いますが

日に日に任されるレベルと範囲は広いものとなり
やりがいは感じていましたが
おそらくアンテナ張っていない人と比べて成果は絶対に出していたはず
※それでも所詮1年目だから感は否めないですが
にも関わらずやはり10〜23時デフォルトという長時間労働と
それなのに残業代が1円も出ないということに苛立ちを隠せないようになり
3社目へ転職することによりブラック企業さよならを実現することにより
過酷な状況を打破することを決意することとなりました

ここでいうその2社目というのは

株式会社エフエス○ィ

中野にあったような
過去の僕にとっての超絶ブラック企業です

入るかどうかは、人次第
採用するかどうかも人次第

次回は3社目でどんなことをやってきたのかをお伝えしていこうと思います
3社目が人生で最も長く6年半勤めた超ブラック企業です

神田でしたっけかな・・・
ブラックボックスに投下され
わけもわからず成果を出していたことを
視界にすら入れていなかったでしょうね
社長は確か亀○様でしたかね

会社の名前は

株式会社○○ーハウス
建設の会社??
オレンジ色だったような気がしますが
気のせいでしたかね

その時にこういった会社さんにいたならば
僕もいい環境でいられただろうに
可哀想な過去の僕。でももう、問題ないですがね
むしろ周りには、自分で会社立ち上げればと
言われていましたが、遠回りするのが好きなようです

株式会社設立の仕方は簡単です

【9ヶ月で年収483万円から840万円の転職をした話】会社員として働いてきてやってきたことや思ってきたことその3

お楽しみに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする