【暗号通貨】その1僕がADAに価値を見いだせた瞬間

ADA

2017/12/03 11:45現在、僕が一番惚れている暗号通貨の銘柄です

僕が暗号通貨に現金を投入した瞬間と
日本人のあなた向けのADAをお伝えしたいと思います

それは今年まだ11社目の転職を決定付けていないまだまだ未熟者の時の話
当時の僕は埼玉から目黒に引越しして半年、ようやく東京生活に馴染んできた頃の話でした

暗号通貨を知るきっかけまでの話

都内勤務しかしたことないのに埼玉から通うなんて地獄!!
でもテニスを週4やっていた僕はそれでいいと思っていたのでした・・・

引越ししてからというもの、いい歳(記事掲載時34)なのにも関わらず
六本木のクラブ(先入観と暗さによって25歳で通じていたのは内緒です)に行ったりカフェ会などに参加して
果たして何か得られるかどうかもわからないものに時間費やしてました
お金はめちゃくちゃ安いので気にしなくてよかったので、そこはいいとしましょう

ある日カフェ会で知り合った方から連絡があり
何やらやりたいことがあるらしくて僕に協力してくれないかと依頼チックのような連絡がありました
※チックってのは直接言葉で言われたわけじゃないけど、つまりそういうことでしょっていうことを感じさせられることを言われたってことです

僕の話し方とか話している内容に興味を持ってくれたようで
一目置いて頂いていたようです
その時の僕は自分の価値には気づいていませんでしたので

へー、こんな僕でも気になる方いるんだ・・・
って感じでした

その時の僕はカフェ会で思っていることをただぶちまけていた
年収483万円の会社員だったので客観的に見て
その事実だけ言うのであれば

よくも見出して頂けたもんだ
っていう考えもあれば

見出す方も大丈夫なのか・・
っていう考えもあって

ちょっと複雑でした
でも今の年収840万円・・・っていう単純な言い方できなくて
おそらく3年後、お金に困ることはないであろう自分を考えると

後者かな・・・と思ってしまいますっていうのは見てくれて頂きました方々にのみ
僕が発する精一杯の想いです

840万円っていう言い方できない理由を詳しく知りたい方はコチラ

ついにその瞬間はやってきた

株や不動産の投資に元々興味はあった僕
求めていたわけではないのにその瞬間はやってきた

僕を必要としてくれた方が集めた8人のメンバーがいて
そのミーティングが恵比寿のとあるカフェでありました
一回目のミーティングではやりたいことをなんとなく伝えられればいい
そういった会でした
僕も納得していたし、一回目で何か明確に決まることなんて準備と状況を考えたらありえない
だからこれがいいと想いました

ただそこで何故か
ミーティングの後に暗号通貨の話が出たんです!(笑)

一応アンテナ張っていた僕は話を直接されていたわけではないですが
聞いていました

何やら難しそうだぞ・・・スマホだけでやると

ノーパソ持っていたし開発やっている側の人間である僕は

こ れ だ !

と想いました

銘柄の答えはADA

Bitcoinは聞いたことがある僕でしたが
ADAって聞いたことないです

その8人のメンバーである方が言っていたことは
「ADA」を「Bittrex」で買ってください

・・・ナンノコッチャ。聞いたこと無いワードばっかりだぞ
でもなぜか直感で価値があると判断した僕
怪しいとなぜか微塵も思えなかった僕
ADAだな・・・聞いたことがないADAだな・・・それを何故か推しているんだな・・・
何か理由があって言っている人に決まっている
会うのが2回目で、おそらくそれを伝えることによってお金の面では得がないはずなのに
そういうことをタダで教えるのって一番価値がある
そう想い始めてからすぐのことでした
あと、あまり他人を気に入ることがない性格の僕
その方の人柄いいなって実直に思っていたことも大きな起因の一つです

可能な限り真実を知ってから行動を起こしたい僕は
すぐさまノーパソで「ADA」ではなく
自分が身を投じるかもしれない世界の「信じられるはずの情報」を探しました
こう言うのはちょっと大げさですけどね。証跡(エビデンス)と言えば軽いかもしれません
信じられる証拠ってやつですね
まずは仮想通貨って何?暗号通貨って知らない。それも何?
30分ぐらいでしたが自分が調べられる限り調べまくりました

以前の僕ではできなかったことだと想います
でもその時の僕はそうではなくて、そこに時間を費やす意味って何なのか
お金を費やす価値はあるのかっていうことを自分なりに理解した上でやるべき
そうしないと自分の何かが喰われて当たり前だっていうアンテナは一応持っていました

調べた結果と思ったこと

ADAを買うにはちょっとめんどくさいってことがわかりました
でもめんどくさいのにその答えを言う人って何か理由がある
直感ですがそう感じた僕はやっぱり

こ れ だ ! と (笑)

ハードルが高い方が手を出しにくいんだから理由がないと言えないはずなんですよね
そう理解できたのも自分が成長できたと思える瞬間であったかもしれません

僕が暗号通貨の世界に入るきっかけをくれた恩人
僕の持論である「物事は結論から言うベシ」
そのもの。ド直球です
「ADA」を買ってください「なぜなら」
この「なぜなら」が後に来るのが好きなんです!!

仕事のシーンでもよくよくあります
何か本人の都合だけで物事を言いたいだけ言って
結局答えはなんなんだよ・・・じゃあフォローするか・・・
「○○○ってことでしょうか?相違ないですか?」
→それです

なんていうめんどくさいやりとりは当たり前。なぜ受ける側の僕が理解しないといけないのか・・・
なんてこと日常茶飯事。しょうがない。これが普通なんですよね

結局僕がどうしたのか

Coincheckという暗号通貨の取引所に日本円投入しました

coincheck

有名どころの暗号通貨扱っている取引所で、使いやすいところが魅力です
とりあえず一番有名なBitcoinと他3銘柄買いました

・LISK(リスク)
・Ripple(リップル)
・XEM(ネム)

合計4銘柄に、それぞれ5000日本円、合計2万日本円投入して遊んでみました

・・・ADAどこいったのかって??
Bittrexは即お取引できません
ちょっと時間がかかるのです

2017/12/02 16:41現在、話は変わっているかもしれませんが
当時僕がやったのは

1.Coincheckに日本円を投入(SBIに振込)
2.Coincheckで日本円が確認できたらBitcoinにチェンジ
3.Bittrexの送信先にCoincheckでチェンジしたBitcoinを送信
4.Bittrexで受信したBitcoinをADAにチェンジ

こういうの今は当たり前にやっているけど改めて見ると
めんどくさっ!!

8人のうち2人に、僕の恩人がやり方を直接お伝えしておりましたが
どちらもリタイアしていました
そら頷けるわな・・・これじゃ参入ハードル高すぎるわー・・・

参入し辛い理由

スマホ1画面だからだと思います!!
扱える情報量が少ないのと入力できるスピードが
PCに比べて圧倒的に劣っているからです
僕はフルHD6枚以上を開発環境の最低ラインだと思っているので
スマホ1画面で扱える人間ではないのです

僕はスマホは見る専用だと考えます
でもスマホでなんでもできる人は使いこなせているなーって尊敬しますよ!

ADA購入

Bittrexは取引できるまでに時間があったので4銘柄5000円ずつ2万日本円を泳がせて遊んでいました

中々面白かったですよ
実際に投入してみないと他人事にしか思えませんので
現金突っ込んで動向見てみるのは初の経験で非常に面白いものです

結果は「赤字」でしたが(笑)
でも5000円ぐらい。可愛いもんです
投機(短期で株などで利益を求めること。及びその行為)目的ではなくしかも
0円になってくれていいよ(笑)
って思っていたので別に構いませんでした

Bittrexで取引できるタイミングになってからは
10万日本円をADAに投入しました
※2017/11/03の時の話です。その後どうなったのかは別途記事を起こします

投入してもいいんじゃないって思えるきっかけをくれた恩人が
「何故か」言っていたからです

「自分が惚れている銘柄は「ADA」ですよ。買い方教えるから買ってみれば」
ぐらいな軽い言い方が一番強いと思うんですよね
まさにその通りに言っていたので面白そうだから投入しました

一応Webシステム開発している側の僕はITリテラシーはある方で
すんなりBittrexの取引ができたことが大きいと思います
仕事が生きたなーと思えた瞬間でもありました

次回

その後買った「ADA」がどうなったのか
他に買った銘柄が何か
暗号通貨の世界が今どうなのかをちょっとだけお伝えしたいと思います

恩人の合言葉で締めましょう

エイ
エイ
エイダ!!

次回お楽しみに!

【暗号通貨】その2その後のADA価値と他に買った銘柄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする