【睡眠の質改善テコ入れプロジェクト】その1最初に行なったもの凄く効果が出たテコ入れ

枕とマットレス

最初に行なったことは最もわかりやすく
もの凄く効果が出たテコ入れです

テコ入れ前の僕の睡眠時間は3〜4時間です
寝に入れるんですが短時間で起きちゃうんですよね
おそらく僕はショートスリーパーではありませんので
よろしくない状態で生活していたことになります
そのくせその時の仕事は感謝している9社目に所属しており
面白いぐらいの成果を出し続けていたので自分でもびっくりすることにしています

今思うと、とんでもなく悪い状態で疑問を抱くことなくそこで寝てしまっていました
前の僕は本当におバカさんですねー(笑)

当時寝ていたところ

自宅で寝ていたのですがとんでもなく悪い

枕が悪い

セミオーダーだから悪いわけないと思い込んでいました
高い金額積んだのだしある程度は合っているはずだと思っていたので
思い込んで使っていました
その枕の寿命は2年程度
既に2年は軽く経っていたのに
まだ使えるだろうと思って使っていたのです

マットレスが劣悪

丁度腰が当たる部分がくの字にへっこんだ
金額がいくらかすら覚えていないマットレス
おそらく寝れればいいよな感じで買ったんだと思います
腰痛の僕には明らかに悪影響であるにも関わらず
寝ようとした時に意識を失うことはできたために使ってしまっていました

当時の僕に言いたいこと

すぐ気づけよ(笑)

やっと気づいた瞬間にすぐ行動を開始した

まず枕、次にマットレスの順に購入しました

当時の僕は車を持っていたのでショッピングモールに行きました
車を手放した際の話は別途記事を作成するとしましょう



さいたま市のイオンモール与野です
その中に【まくらぼ】っていう完全オーダーメイドなる枕を売っている店がありましたんで突撃してみました
過去に買ったセミオーダー枕とは違い
一度購入すると永久メンテナンスの権利が付いてくる
・・・と言いますか、その権利を買うってところに価値があるわけですね
こ れ だ
と思ったので店で直接予約しました
1時間程時間を潰した後に再来店して購入の手順を踏みました

測定

余談ですが豆知識をば

測定=量を数値化すること、道具を使う
計測=ある目的のために量を把握すること。道具を使わない場合もある
「測定」は「計測」の中の作業の1つ

暗号通貨は仮想通貨の一部である
ってのと似たようなもんですな

・・・失礼致しました。話を戻しますね
専用の測定器のような道具を使って僕の首あたりを測定して枕の高さを弾きだします

高さと素材を決定

測定器によりある程度目安となる高さは出ましたんで
「実際に枕に素材を詰め込んで寝て確かめる」という作業を繰り返します
僕の狙いは寝心地ではありません
「睡眠の質」を改善したくて来店したんです
よって僕が寝心地がどう思うかなんて度外視してやりました(笑)
もちろんこれは僕のためなんですが、睡眠の質に関して、ましてや枕が自分にとって
いい状態であるかなんて自分自身で判断できません

「この辺りが違和感があるんですが・・・」とお伝えすると
スタッフさんが素材や量を調節して数回のトライをしてくれました
結局最後まで「この辺りが違和感あるんですが・・・」のセリフが消えることはありませんでしたが
3度目にトドメを刺してくれました

「お客様、これが当店の限界ですよ」
・・・ですよねー、僕もこれ以上は「睡眠の質」っていう意味では無理なはずだと思いました
だって客観的に僕より知っているはずであろうその道のプロであるスタッフさんが言っているんですもん
僕よりは正しいことを言っているはずなんだから従うのが自分にとって最も良い選択肢であることはいうまでもないはず
「寝心地」なら僕に主導権があるはずですけどね。納得なんで晴れて購入です
金額は25000円と別売のカバー3000円の合計28000円で納得して買いました

効果の程はマットレスと一緒にお伝えします

車で行ったんでその日直接持って帰って寝て効果見ました
ちゃんと描きますんで少々お待ちくださいマシ

マットレス

枕のあとは当時の僕の自宅近くにニトリがあったので探しに行ってみました

32000円のマットレス

最初に寝てみたマットレスは
これビジネスホテルより寝心地いいじゃん!!

34000円のマットレス

次に寝てみたマットレスは
あれ、あんまり寝心地よろしくない・・・前のやつのほうがいいや

9800円のマットレス

最後に寝てみたマットレスは
これで十分じゃん!!
流石に32000円のマットレスよりは劣るとは思いましたよ

我にかえってみる

いやいや・・・だから寝心地じゃなくて
「睡眠の質」って自分で言ってんじゃん!!

ということは試しに寝てみることに意味はなく
・・・何故って??自分では「寝心地」はわかりますが「睡眠の質」っていうのは
意識を失ってまた起きてどうだったかを計測してみないとわからないからです!

最終的に利用したのは通販

うん十万出す気はなかったので「コスパ」重視
でも確実に成果は出るであろうものを選びました

選び方は
・セミダブル
・レビュー件数が多い順でソート
・上の方に表示されたものの中で目立ったやつ、かつそれがベースのグレードならその一番上のグレード
以上3点です

セミダブルの理由

一応前々からアンテナ張っていたんでしょうね
シングルサイズではジャストサイズすぎて寝るための余裕がなくて
予想以上に広い範囲で寝返りうっていたらカバーできなかったかもしれないからです

上の方に表示されたものの中で目立ったやつ、かつそれがベースのグレードならその一番上のグレードの理由

上の方ってことはそのソート順だと売れているからレビュー件数が多いからです
レビュー件数が売り上げに繋がって、だからまた売れ続けるっていう連鎖が起きている可能性が極めて高いと踏んたからです
目立ったやつはベースのグレードであり、シングルサイズで14800円でした
おそらく一番売れているかつ僕にとっても確実に成果が出るだろうと思いました
でも上記の選び方を貫くつもりでいた僕はそれを買う気は全くありませんでした

まずプラス5000円でセミダブルにします
次にグレードを一番上にします
プラス10000円でゴールド、プラス15000円でナノテックというグレードになります
主な違いはコイルの数で、超立派な腰痛の持ち主である僕にとっては多い程いい傾向にあるはずですので一番上のグレードがいいんです
もっと上のグレードないのかなーと思ったんですが、流石にありませんでした
おそらく多けりゃいいってもんじゃないと思いますので作ることを考えた上でも適切なグレードなんでしょう
これで迷う余地はありませんので何を買うかは決定です
セミダブルのナノテックのグレード
ベース14800円+セミダブル5000円+ナノテックへのアップグレード15000円
合計34800円でした。納得の上購入決定。楽天の購入決定ポチッとな

押したタイミングはとても悪かった

年末の2016/12/29に押したんで
店がやっているわけありません
結局届いたのは翌年の1/6でした
これはどうしようもないので「睡眠の質」改善を夢見てじっと我慢しました

効果の程

さてどうなったのかお伝えしましょう
この話を仕事で展示会の打ち上げがあった際に他社の方にもお伝えすると
すごく興味を持ってくれたことを覚えています

消耗しきったセミオーダーの枕をオーダーメイドの枕に変えて寝てみました
体調や環境に依存する部分もあるのでそれだけでこの数値が出たかはわかりませんが

睡眠時間が30分伸びました

これは驚きました
最も影響がありそうなマットレスが劣悪なのにも関わらず
枕変えただけでこれだけ変わるのかと

マットレス

ついに1/6を迎えた僕
仕事から帰ると当然の如く不在票が投函されていました
昼間いないっすもん(笑)
どうしてもその日にマットレスを手に入れたい車を持っていた僕は
佐川急便さんに直接行って不在票を渡しました
事前連絡していなかった僕が悪かったようで、2時間待つことになりました(笑)
担当者はいないのでどこにあるのか、別のスタッフさんではわからなかったとのこと
そりゃ仕方ない・・・見つからないなら大人しく帰って改めて受け取りますよとお伝えのうえさらにもうちょっと待ってみると
「ありました!」とのこと。すぐさま持ち帰って設置
・・・というわけにいきませんでした
人生どストレートには成果は得られないらしい

そのマットレス
クソ重いんです
高さは僕の身長165cm以上あって持ちにくい
体感50kgぐらいあるんじゃないか・・・もうちょっと重いぐらいの人間の方が持ちやすいんじゃないの・・・
ってぐらい重くて、エレベーターなしの2階に住んでいた僕は

死にそうになりながらなんとか設置しました

ようやく枕とマットレス両方が揃ったわけで次の日は土曜日
休日なんでアラームかけないで寝てみました

起きた後時間を見てみました

・・・16時間経っとるがな!!!

寝すぎだろうと思うのでこの時間は行き過ぎだとは思いましたが
睡眠時間という点で言えば成果は出ました
睡眠時間3〜4時間が16時間てやりすぎだ・・・

睡眠の質

明らかに改善されたと言えます
16時間寝てしまった日は寝過ぎによる悪影響が否めなかったものの
8時間の睡眠時間になるようにアラームをかけて途中で起きない僕
眠気に関して言えばテコ入れ前と比べて差は歴然
仕事へのパフォーマンスが圧倒的に上がってますます成果出しつつ定時で帰れる状態にできました

他に睡眠の質改善に効果があったと思うものはコレ
水素バス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする